新Linuxカーネル解読室 - ソケットインターフェース(データ構造と概要編)

カーネルv6.8のコードをベースに、プロトコルごとに異なる処理をソケットがどのように抽象化しているのか、またソケットがなぜファイルとして操作できるのかについて、データ構造を中心に解説します。