Linux

Apport ~Ubuntu のコアダンプ作成動作~

Ubuntu のコアファイル書式が変わっている事を知り、現在の書式を司る Apport について障害情報の収集に関わる話を含め調べてみました。

RISC-V OSを作ろう (2) ~ タスク切り替え

「RISC-V用の小さなOSを実装してみよう」の連載記事 第2回目となります。 第1回では、boot プログラムが動くところまできました。今回は、複数のタスクが切り替わりながら並列動作できる仕組みを作っていきます。

RISC-V OSを作ろう (1) ~ブート処理

RISC-VはMIPSアーキテクチャの流れを汲むRISC CPUです。 Linux上で利用できるRISC-Vツール群も揃ってきたので、それらを使ってRISC-V用の小さなOSを実装してみようと思います。

CentOS 8.3 を AlmaLinux 8.3 にしてみた

CentOS 8 のサポートが2021年12月31日で終了するとの発表がありました。そこで、CentOS 8.3 から AlmaLinux 8.3 への移行するツールを用いて実際に移行してみました。移行の際に、どのようなことが行われているか、どのような注意点があるのかを解説します。

LVM の動作について 〜 ディスクデータ移行と pvmove, lvconvert を例題として

クラウド全盛のこのご時世においても、物理マシンのお守りをしないといけないことはあって、古くなったディスクの交換作業が必要になりました。 オンラインのままディスクを移行できる pvmove というコマンドがありますが、このコマンドの解説記事は少ないの…

.note.ABI-tagとはなにか

前回記事「vmlinuxのヒミツ」を書くために、いくつかの実行ファイルで readelf を実行して気づいた、".note.ABI-tag" セクション。この ".note.ABI-tag" について調べてみました。

perf を使った性能分析

perf は、Linux の性能に関する情報を収集、分析するためのツールです。本記事では、ネットワークの受信処理を例に、perf を使った性能分析を行う方法を解説します。

AF_XDPアプリケーション性能特性の定性的評価 〜レイテンシ編

近年活発に開発が進んでいる AF_XDP を利用したアプリケーションは、Linux Kernel Network Stack をバイパス出来るという観点で、DPDK を活用したアプリケーションと比較されることが少なからずあるかと思います。 本記事では、AF_XDPアプリケーションにおけ…

vmlinuxのヒミツ

vmlinux の入手・インストールをはじめ、ELFファイルやセクションについて解説します。

Linux Kernel lockdep機構解説

lockdepは、Linux Kernelのlocking primitiveの誤使用に因るdeadlock検知・予測をはじめ、synchronization primitiveを誤った形で使用している"_bad code_"を幅広く検知する為の機構です。一方で巷にはそのメカニズム、つまり何をどのようにして検知するのか…